2017-10

おはぎ*ぼたもち

お盆のお供え物「おはぎ」です
自家製のもち米と小豆で作ってみました。

DSC05378_convert_20110816010023.jpg   DSC05374_convert_20110816010125.jpg
                             *黒ゴマきな粉も作ってみました

いつもは、「こしあん」なのですが今回は「つぶあん」で作ってみました。(ちょっと手抜き?)
正直言って「こしあん」はコスのが手間がかかるので・・・
でも、家族の人達は皆「こしあん」が好きでちょっと不評 
やっぱり次回は今まで通り「こしあん」を作ります。

私の地域では、春と秋のお彼岸と、
お盆の14日と16日にお供えします。
でも、季節によって「おはぎ」「ぼたもち」と言い分けるようです。

春のお彼岸にお供えするのは・・・「ぼたもち」
牡丹の季節、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたもの

秋のお彼岸にお供えするのは・・・「おはぎ」
萩の季節、あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたもの
だそうです。

でも、本当は「春はぼたもち」「秋はおはぎと」春秋使い分けないといけないのですが、
今は年中「おはぎ」で通すところが圧倒的に多いようです 
そう言う我が家も一年中「おはぎ」と言っています。
でも、義父はなぜだか「おぼた」と言っていますが・・・

あずきの赤色には、災難が身に降りかからないようにするおまじないの効果があると信じられ、
古くから邪気を払う食べ物としての信仰が、先祖の供養と結びついたと言われていて
「暑さも寒さも彼岸まで」と言われるように、
春の彼岸は農作業が始まる時期で、収穫をもたらす山の神などを迎えるため「ぼたもち」
秋の彼岸は収穫の時期で、収穫を感謝して「おはぎ」を作ったとも言われているそうです。
おはぎに限らず、お供え物には昔からいろいろと深い意味があるのですね 







スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://komorebinonakade2011.blog110.fc2.com/tb.php/39-03c79622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミニミニポーチ*手 «  | BLOG TOP |  » キーケース*その2

時計

プロフィール

cerca*

Author:cerca*
普段使いとしてこんなのあったらいいな~と思うデザインをカタチにし、ひと針ひと針手縫いで作っています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (5)
イベント (71)
日々のこと (109)
作品 (214)
工房 (14)
オーダー (45)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセス